← page front

お腹の脂肪を減らすには


お腹の脂肪を減らし、すっきりスマートなお腹にするためには、どんな法方があるでしょうか。まず普段からお腹に緊張感をもって生活すると、お腹の脂肪を減らすのに役立てることができるのです。立っているときも座っているときもいつもお腹を引き上げる感じで姿勢を保ちます。常に意識し胸を高くして顎を引き背中は反らないようにして、お腹を突き出さないようにすることがポイントです。お腹の辺りの脂肪を減らすには、食事にも気をつける必要があり、特に食べられないものはありませんが、食べる量には気をつけなければなりません。特にダイエット中というわけではなくても、食べすぎは体にいいことではありません。ローカロリーのものだからと食べ過ぎればカロリーはオーバーするもので、消費カロリーと摂取カロリーのバランスを考えて食べることです。お腹の脂肪をなくすためには、お腹の脂肪を燃えさせることが大切で、そうすればお腹に脂肪がつきにくくなるというわけです。脂肪を燃焼させるのを助ける栄養素はビタミンB1とB2で、B1が炭水化物を、そしてB2が脂肪を燃焼させるのを助けます。こんな脂肪の燃焼を助ける栄養素が足りていないと、いくら運動や食事制限をしてダイエットに励んでも、お腹の脂肪は減らないのです。ダイエットをして体重を減らすことができても、筋力がつかなくて基礎代謝も下がっていては、脂肪燃焼は活発になりません。お腹の脂肪を減らすことだけでなく同時に筋肉をつけることも大切で、食事に注意してたんぱく質を摂取することも必要になります。



お腹の脂肪を取るエクササイズ


お腹の脂肪を取るためには、食生活を改善するとともに誰でも簡単にできる、お腹やせのエクササイズを行うと、大変効果が上がります。お腹の脂肪を取るためのエクササイズは、自分が最も習慣として行いやすい時間帯を選ぶことが良いといわれています。自分にとって無理なく続けられそうな時間帯、たとえば寝る前や朝起きたときなどを好きに選ぶといいでしょう。お腹の脂肪を取るエクササイズで効果的なのは、みぞおちを引き締める運動で、ひざを立てて寝て肩幅くらいに足を開き、腹筋をする要領で背中を丸めながら上体を少し起こします。お腹の脂肪を減らすエクササイズとして効果を上げるには、上体を持ち上げるときに肩甲骨が床から離れるくらいにするといいでしょう。下腹の脂肪を減らすための運動もあり、これもエクササイズとして効果があります。仰向けに寝て、頭と曲げた足を少し浮かして、その足をまっすぐにのばすという運動ですが、かかとを床に付けず、きりきりのところで止めるのがポイントです。体が動きそうになったら腕で床を押さえて、息は吐きながらゆっくりと繰り返します。わき腹の脂肪を減らすエクササイズもありますが、お腹の脂肪を減らすエクササイズと一緒に行うと効果的です。体を横にして足と肩ひじで体を支え、腰と上体を浮かして静止させるのが、わき腹の脂肪を取るエクササイズです。わき腹を浮かしたとき、反らないようにと力を入れてまっすぐにさせることで、わき腹の脂肪燃焼はより活発になります。こんなお腹の脂肪を取るエクササイズは、家の中で簡単にできるものばかりなので、毎日すぐに取り入れることができるでしょう。



ダイエット時の食生活と代謝


エネルギー代謝と食生活について知ることが、ダイエットの第一歩です。食事制限や一品もののダイエットをしても体重が落ちない人は、基礎代謝が少なくエネルギーをため込みやすい人といえます。基礎代謝を上げるためにダンベル体操などで筋肉をつけることも方法の一つです。しかし、普段の食生活に少し気を配ることで脂肪の燃えやすい代謝の高い体質作りができるので、ダイエットの効果も出やすくなります。冷たい料理や体を冷やす効果のある食材は体温を下げて代謝を下げてしまいますが、暖かい食事で体温を上げることで代謝は上がります。三度三度の食事はダイエット中でも重要で、食事を抜かずにしっかり食べるべきです。注意すべき事は、食事で得たエネルギーはその日の活動で燃焼させ脂肪として体内に蓄えさせないことです。そのためには朝食をしっかり食べて夕食を控えましょう。特に、夜の食事は健康にもよくないですし、脂肪をため込みやすくなるのでダイエットの大敵です。天ぷら、フライなどの油ものはなるべく控え、野菜、海草、こんにゃく、きのこ類を多く取るように心がけましょう。嗜好品を減らし、ビールや日本酒などのアルコール類やチョコレートなどは控えることはダイエットでは重要です。ダイエット中のモチベーションを維持するために、食事日記をつけてその日食べたものを記録しておく方法がお勧めです。食事内容の見直しにも効果的です。代謝を悪くしてダイエットを妨げる行為は、ストレス解消にと甘いものや酒を大量に摂取することです。体内に脂肪がため込まれ体重が増えるばかりです。



メタボリックシンドローム予防の食事内容


メタボリックシンドロームの予防には、バランスの取れた食事内容が一番です。基礎食品群と呼ばれる炭水化物、タンパク質、脂質、ビタミンC、カルシウム、カロテンをそれぞれ摂取できる食事内容がお勧めです。これは厚生労働省が作った指針て、うち炭水化物、タンパク質、脂質を三大栄養素といいます。カロリー調整もメタボリックシンドロームに必要ですが、栄養素を意識することで自然とできます。一日30品目を目安に献立を組み立てることが理想ですが、毎日そんなことを続けていては息が詰まるかもしれません。メタボリックシンドローム予防の食事内容としては、簡易な目安として毎食を主食と主菜と副菜の3つで組み立てるように心がけましょう。これだけでメタボリックシンドロームの予防に一歩近づきます。可能ならば果物を一日一回は摂り、外食時には丼ものやラーメンなどの一品ものはなるべく避け、野菜を多くとる食事内容になるよう心がけます。和食の定食形式の食事は、メタボリックシンドロームの改善に効果的です。動物性食品と植物性食品のバランスがよく、低カロリーな和食は栄養バランスが取れたいいメニューです。効果的にメタボリックシンドロームを予防したいならば、食事を和食中心に徐々に変えていきましょう。良質なたんぱく質として肉よりは魚、そして豆腐や納豆などの大豆製品が向いています。丼ものは和食の中でも野菜が少ないので、丼ものなどを食べる時は野菜も一緒につけるようにすると共に、なるべく薄味のものを食べましょう。



メタボリックシンドローム予防の運動


2006年7月に厚生労働省が策定した運動指針は、メタボリックシンドロームを予防し健康な毎日を送るために必要な運動を示しています。この運動指針は、ジョギングやスイミングなどの能動的な運動だけでなく、通勤通学時の歩行や家事、階段の昇り降りなども運動としてとらえます。意図的に激しく体を動かさずとも、日々の生活に運動をしているという考え方です。無理のない範囲での運動を毎日欠かさず行うことによって、健康を増進しメタボリックシンドロームにならないようにすることができます。予防のために運動をしたいと考えてはいるものの、メタボリックシンドローム予防の運動まで手が回らない人もいます。無理なく運動量を増やすためには、生活の中で活動する部分を広げるところから始めましょう。生活活動には洗濯や炊事、オフィスワークや立位なども毎日の活動として換算することができます。意識的にする生活活動には歩行、床や庭の掃除、子供と遊ぶこと、介護などが含まれます。運動の強さをメッツという単位ではかることで、厚生労働省の運動指針は運動量を数値化しています。エクササイズという単位は、時間にメッツをかけたものを現しています。家財道具の片付け、大工仕事、梱包などは3メッツで、3メッツの運動を1時間続けることは3×1で3エクササイズに相当します。3メッツ以上の運動を、1週間に23エクササイズ以上行うことが、メタボリックシンドローム予防にいいとされています。




← page front