サイトプロフィール


サイトの概要:メタボリックシンドロームやダイエットに関する役立つ情報を発信していきます。

サイト運営者メッセージ:意外と知られていない基本的なメタボリックシンドロームの知識やそれに付随するダイエット情報を発信していきます。お役に立てると幸いです。




メタボリックシンドロームについて


メタボリックシンドロームとは、内蔵に脂肪がたまってしまうことで、肥満症や糖尿病、高血圧、高脂血症などというような生活習慣病が起こりやすくなっている状態のことをいうのです。重なって発生しやすいのがこれらの病気の特徴で、また病気が重なるにつれ、動脈硬化へとつながりやすくなっています。脳卒中、がん、心臓病、これらが日本人の三大死因になっています。動脈硬化こそが、この心臓病と脳卒中という病気に共通する循環器病の原因となっています。メタボリックシンドロームを予防すると、そんな生活習慣病までも予防することにつながるのです。メタボリックシンドロームの基準には、2005年に日本肥満学会からまず男性は腹囲85cm以上、女性は腹囲90cm以上と発表されました。それに加え、血圧130/85mmHg以上、中性脂肪150mg/dL以上またはHDLc40mg/dL未満、血糖110mg/dL以上、という基準が含まれるのです。しかしながらその基準値は、日本とWHO、またアメリカとでもそれぞれ違っているのです。しかも本質をついた内容であるとはいいきれないため、予防法も様々です。糖尿病、心筋梗塞、脳卒中は、メタボリックシンドロームに陥った人がかかりやすい病気ですが、それらはまさに医療費の約30%を占めているのです。この事実で将来に強い不安を覚えた厚生省は、それを予防するために、生活習慣病患者といずれ生活習慣病にかかりそうな人を2015年までに25%減らす目標を立ち上げました。メタボリックシンドロームは、そういうわけで保健指導を行って予防しなければならないということになったのです。



メタボリックシンドローム予防の必要性


メタボリックシンドロームは病気になりやすい状態ですが、病気ではありません。さらに痛さやつらさなどの具体的症状を持っていなくても、診断基準に当てはまっていたりするのです。自覚症状がないということはその予防を大変困難なものにしていて、動脈硬化とわかるところまでいかないど気づかないということもよくあるのです。しかも動脈硬化の場合初期症状はほとんどなにもないのが普通で、体に何か変化を感じ始めたときは、すでに予防では間に合わず、病状がかなり進んでいる場合もよくあるのです。メタボリックシンドロームが進んでからの改善は困難です。メタボリックシンドロームにならないように、さらには病気をいくつも発症してしまわないうちに、きちんと予防しておくことが大切なのです。メタボリックシンドロームの予防のためには、まず自分の体がどのような状態であるか、しっかり把握しておかなければなりません。そのためにはまず健康診断を受け、自分がメタボリックシンドロームかどうか調べて見なければなりません。そうすれば現在の自分の体の危険性も察知することも出来、予防を始めようという思いもおきてくるでしょう。近所の病院に問い合わせてみるなり、地域の健康診断を受けてみるのもいい方法です。よく人間ドックと健康診断は同じようなことだととられているときがあります。しかし人間ドックは健康診断をより細かくみるものであり、メタボリックシンドロームがどうかを知るには健康診断で十分です。



メタボリックシンドローム予防のための食事


メタボリックシンドローム予防の第一歩は、やはり食事からです。食事で振り返らなければならないのは、その内容だけでなく、食べる量や時間、そして食べ方も大きく影響をするのです。毎日少し気をつけるだけでも予防はしていけるものなので、出来る範囲で少しずつでも実行していくと、健康には効果があり、またダイエットとしてもよいことにつながるでしょう。メタボリックシンドロームにならないための措置として、寝る3時間前以降はものを食べないということも重要です。それはなぜかというと、寝る3時間以内にものを食べると中性脂肪は増え、その中性脂肪を代謝する機能は食べてすぐに眠るとうまく処理されないからなのです。そうやって処理しきれなかったエネルギーは血液中に残り、それがもとで中性脂肪が増えてしまうのです。また、食べたあとにすぐ寝ることは脂肪の吸収をよくすることで、それで脂肪がたまってしまい、さらにメタボリックシンドロームの状態に一歩近づくというわけです。そしてゆっくりと時間をかけてよく噛んで食べると、それもメタボリックシンドロームの予防につながるのです。咀嚼をすると満腹中枢が刺激され、少量の食事でも満足できるうえ、インスリンの分泌が正常になって肝臓の負担を軽減します。目安としてはひとくち30回程度で、食べ物が口の中でおかゆ状になるまでが理想的です。また食事の量を制限することもメタボリックシンドロームの予防策としては忘れてはならないことです。それには一日に必要なエネルギー量をまず調べておいて、その範囲以外では食べないようにすると、脂肪を余分につけないことになります。



ダイエット時に心がけたいこと


ダイエットを進めるためには、余分なカロリーを摂取することのないよう食事には気を配らなければなりません。人の基礎代謝は10代半ばを過ぎると、だんだん低くくなるものなのです。成人を超えたころから太りだした人をみてみると、若い頃と違わない量の食事をしているためにカロリーオーバーになっているということがよくあります。脂肪燃焼ダイエットでは大雑把でもカロリー計算をして、必要以上のカロリーを摂らないようにしましょう。運動を継続して行うことで脂肪燃焼を行っていると、そのうち体重が減っていたのが一時とまることがあります。これは体が消費エネルギーを無駄に使うまいとするために起こるもので、適応現象というのです。適応現象は数週間で終わりますが、この時点でダイエットを中断したり、食事の量を元に戻したりすると脂肪燃焼が止まり、体脂肪が逆に増加します。これがあのリバウンドと呼ばれる現象なのです。それから、有酸素運動の前後でもし水分を摂らないと汗の量が減ってしまい、体温調節もきちんとできなくなるので、脂肪燃焼ダイエットとしての運動では、十分な水分摂取は非常に大切なことなのです。脂肪燃焼のダイエットをしているときは、カロリーの高い食品は避けるようにし、水を飲むだけで太るということはないと考えるようにしましょう。ポテトチップスのような油を使ったスナック菓子は、カロリーも相当高いので、できるだけ控えるようにしましょう。しかし絶対食べないとするような方法はストレスの元になるので、食べる頻度を少なくしたり、食べるときも少しだけにすればいいのです。



体脂肪とダイエットの関係


食べないようにするダイエットでも最初のうちは痩せることはできますが、健康や美容にはよくない結果になるでしょうし、リバウンドの可能性もひそんでいます。その点脂肪燃焼を視野に据えたダイエットなら、体脂肪を効率よく消費して健康的なダイエットができます。よくダイエットの中には体重をどこまで減らすかということだけが目標となって食事を急激に減らしたり、限定された食べ物だけでやせるというものがあります。この方法では脂肪燃焼が起きずに脂肪がつきやすい体になるばかりです。筋肉だけが落ちてしまうと、体脂肪率は増えるのでこれは健康的ではありません。筋肉を落とさずに脂肪燃焼によって体脂肪だけを減らすダイエット方法でならリバウンドが起こりにくくなります。ですから健康にも美容にもいいダイエットができるというわけです。脂肪燃焼のためには、脂肪が体の中でエネルギー源として使われるように燃えやすい体を作る必要があります。摂取エネルギーを消費エネルギー異常は摂らないようにし、適切な運動を行えば、脂肪燃焼は促されるようになるのです。運動などで筋肉が動かされると、体脂肪は脂肪分解酵素が働くことで脂肪酸とグリセリンとに分解されます。そのうち脂肪酸は血液の流れに乗って筋肉に運ばれ、エネルギーとして使われるのです。このようにして脂肪燃焼を活発かしながらダイエットを進めていくためには、筋肉を使ったエクササイズやストレッチを習慣的に行うとよいでしょう。



next page ⇒